Biotiful

マリアージュを楽しむ

マリアージュとはフランス語で結婚の意味です。
ワインと料理のマリアージュを楽しむとフランスでは言うそうです。
この発想は詩的なフランス人ぽいですよね。

d0008832_1216188.jpg
今日はパリで頂いたfruits de mer
直訳すると「海のフルーツ」となりますが、
要するにシーフード盛です。
一般的に冷やしたmuscadet(ミュスカデ)などが生牡蠣に合うと言われています。


d0008832_12193211.jpg
今回ご紹介したいのは、
Eric Bordlet のPoire Authentiqueです。
エリックボルドレは元々パリのレストランでソムリエをしていた有名人だそう。
そんな彼がいつの頃からかシードルをつくりだしました。
※シードルは林檎のお酒です
かれの造るシードルはほんっとに繊細で美味しい!
今日は洋ナシの微発泡をご紹介。コレはシーフードとほんっとに合いますよ。
シーフード独特の潮の苦味もPoireが甘みと軽快さでなくしてくれます。
と、この組み合わせが懐かしく思いUPしたマリアージュお楽しみ下さい。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2006-01-10 12:00 |

お正月~明石にて~

毎年恒例、祖父母宅へ新年のご挨拶と宴、。
毎年、10人のいとこ達が成長していること
自分達のルーツを知ろうと祖父への質問コーナーは
とても楽しく、また祖父が1年に1回この家族の輪を囲む時間を大切に思い、
楽しみにしてくれることがとっても嬉しいです。
そんな祖父が何十年も前から私達に一年の初めに絶対聞かせるコトがあるのです。
『人間の基本は家庭にある』
祖父の声と、この言葉は今年も私の胸の奥深いところにいつもあります。
おじいちゃん、今年も有難うございます&宜しくお願いします!!

d0008832_17183792.jpg
第一ステージ☆
まずは、こんな始まりです。
一品料理やお造りの盛り合わせと共に乾杯!!
普段はワイン好きな私ですが、
こんな時はすかさず腰に手をあて、
親族全員でビールをイッキ!!
『明けましておめでとうございます』

d0008832_17225241.jpg
第二ステージ
100グラム、?????円の神戸牛の登場!!
ここから、一気にしゃぶしゃぶ大会!
早い者勝ち。弱肉強食の世界が見え隠れ。
「おじいちゃんより先食べるのはナシ~!」と叫ぶ私。もちろん皆無視です。。。


d0008832_1728757.jpg
ファイナルステージ
ケーキ1つ&しゅーくりーむ&コーヒー。
で、まったりお話しながら終焉に向かうのでした。
これが何十年も続く、我が家のお正月行事でした。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2006-01-02 14:57 |

ホームパーティー♪


2005年もアトわずか♪
年末に友人宅に総勢20名集まり、持ち寄り&即席でホームパーチー開催しました。

d0008832_17424818.jpg

気心知れる友と、美味しい手作りの食べ物とお酒を囲む時間ってとてもイイですよね。
これすべて、当日みんなで手分けしてつくったのです。
イタリアで料理修行してきたお友達のイタリアンレシピは簡単で美味しかった!!

d0008832_1744893.jpg
続々とお友達がやってきて、みんな手土産に色々持ってきてくれました。
お酒はENOTECAで年越しセット5500円を注文しました。
送料込みでこのお値段お買い得ですよね。





☆アルゼンチン産のBODEGA NORTON *COSECHA ESPECIAL*
(スパークリングワイン)は、気泡も細かく、泡音も耳元で繊細にHOPに跳ね、お味もGOODでした。

d0008832_17491997.jpg
あ~~~大勢で囲む食卓は最高にのっちゃいますね。
食べ物&お酒&仲間&音&照明&雰囲気。
全部必要不可欠なパーティーナイトでした。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-12-29 22:56 |

CHATEAU HAUT-BRION

本日、とってもラッキーな日曜日でした。
chateau haut brion 1997
chateau mouton lostchild 1997&1999

フランス・ボルドー5大シャトーワインのうち2つも頂くことができました。
かれこれワインと接するようになって5年ほど経ちましたが、
今年2005年はこのほか、
chateau malgeauxも運良く頂けたので
5大のうち3つ制覇です。
もちろんヴィンテージ違いで全部呑みたい!なんて、ワガママは言えませんが・・・
涙が出るぐらい嬉しかったです。

特にムートンの1999は香りがとっても香ばしいっっ。
うわ~って広がって、ボルドーの世界が果て無しなく広がります。
味も奥深く、色んな味がして単一じゃなく華やかなんす。
うっうっうまい。

今までボルドーって騒がれてるだけで、ふ~~んって思ってたけど、
やっぱ高くて、騒がれるのが分かりました。

喰わず嫌いはイカンですね。
あと、手の届かないモノに対して、素直に憧れを抱くのはとってもカワイイ。
勝手に決め付けて縁を自ら切ってるのはイカン。
何事においてもそうですね。

モノは試し。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-12-11 23:55 | Wine

LOHAS~ロハス~

d0008832_20392324.jpg

ひとつのムーブメント。
今までは、オーガニック・スロー・エコとか点であったが
ちゃんと面でとらえた言葉だから、みんながこのムーブメントに参加しやすい。
と、『ソトコト』編集長が語った記事を目にした。

確かにそうだ。
しかし、「LOHAS」を勘違いするのはいけない。
「LOHAS」という称号がついた新製品を手にして、「LOHAS」気取りや
エコに参加してる気分に陥るのは恐ろしく馬鹿げていると私は思う。
『ソトコト』が作り上げた『LOHAS』という言葉を勘違いするのはよくない。
言葉に惑わされず、その方向性を理解するのが大切ではないでしょうか。

自分が楽しく生きる。
楽しい感覚を感じる。

人それぞれ違うから、場所もタイミングも種類も系統も
合わせる必要はない、好きに自分のライフスタイルを築けばいいんじゃない。
固定観念や人に教えられたライフスタイルでなく、
自然に進むべき方向に現るライフスタイルを。

ただ、流れに流されてしまうだけじゃなく、しっかり未来を見据えて。

明るい未来を見つけるためには、
今までの様に一直線で突っ走るんじゃなくて、ぐるっと循環してゆくこと。

単なや回顧主義に陥るのではなく、その通過段階で身につけ、体感してきた
感覚を想い起こし、さらに感性を育むこと。

インターナショナルを感じたからには、日本民族を知りたい。

LOHAS~ロハス~
この言葉がただの、流行というムーブメントでなく、世界中の人々に
根付き、気付き、をもたらし、地球を救っていく方向性を
世の中に残してゆく助けになることを願う。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-11-29 23:58 | MESSAGE

BOURDIGALA@二子玉川

本日のランチ
MENU ROUGE¥1,280
☆前菜(秋刀魚のマリネとシャキシャキサラダ)
☆本日のパスタ(貝柱と海老とインゲンのクリーミーパスタ)
☆パン2種(お替り自由のようです)
☆コーヒー


プラス+グラス赤ワイン¥320

美味でした。
お天気の良い日は、外のテラスも宜しいかと。
お昼過ぎの木漏れ日が店内へ優しく流れ、とても素敵な空間です。



[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-11-24 22:18 |

おいしいもんmemo

d0008832_20165638.jpg北海道・函館からの産物です。
竹田食品の塩辛
くりーみーです。
元来の塩辛の持つニガ生臭さがありません。
ご飯にのせて食べるもよし。
地元兵庫県明石市のスーパーかわせで購入しました。


~応用簡単レシピ~
☆米(お好きなだけ)
☆塩辛(適当)
☆だしの素(適当)
☆醤油(適当)
☆白ゴマ(あれば)

を普通に炊飯器に入れて炊きます。
炊き上がってから、茶碗に盛り、しそを散らします。
でっきあがり~~~♪♪

超簡単、塩辛しそご飯です。

お試しあれ。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-11-22 22:09 |

日本に帰ってきました。

TOKIOで生きていくためには、自分しっかり持って流されないように。
TOKIOに限らずどこにいてもそうだ。
C’est la vie~それが人生なのだ~
お日様は毎日昇ってくるんだもん。

愛する日本を最高の国に戻そう計画。

日本の経済を発展させること(わたし、できるだけ国産の食品を買いたい)
仏教の教えを学ぶ(仏教徒にならなくったって、基本の精神を身につけたい)
今の自分達の事ばかり考えないで(子孫のために)
日本の素晴らしさをもっと知る

海外をたくさん知ったからこそ、さー今から自分自身と共に見直そう、
我が国ニッポン!!

自分を持っていれば、何も左右されないのですね。
右とか左とかなくない??

d0008832_20125757.jpg母国を愛します。愛する人を愛するように。
そして、みんなで良くしてゆきたいですね。
asokoに向かって進むのみです。
みんなで高いトコ目指してゆきましょう。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-11-20 21:53 | Tokyo

フランス・シュノンソー城

シュノンソー城の敷地は驚くほど広くて全部歩き回るなんて無理なぐらい
広いんです。お城はシェール川の上にまたがって建てられています。
私が働くワインカーブは16世紀の農家跡にあります。
建物は修復さえれてますが、当時の面影たっぷりです。
d0008832_23313259.jpg
この奥左手にあるのが、ワインカーブです。
なかなか分かりにくい場所にあるのですが、醸造所もあるんです。
ステンレスタンクと、プレッシングの機械もあります。
残念ながら、今は稼動していなくて、止まったままです。


d0008832_2334054.jpg
この道をたどれば、右手にお花のアトリエがでてきます。
お城の中はとても素敵なアレンジメントなどが飾られていて
このアトリエで毎日色んな場所のアレンジメントがつくられています。
そのまま道ナリに進むとお城がでてきます。


d0008832_23361978.jpg
ワインカーブ近くの壁でかくれんぼ中のテントウムシ??
お天気が最高な季節は、空の青と、芝生の緑と、鳥のさえずりと、光のせせらぎが最高にマッチしてとても素敵な世界に入ることができます。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-05-20 23:45 | France

ビールの造り手さんを訪ねて

5月3日
友人のシェフに誘われて、ロワール地方Loiretteという
ビールをつくっているBrasserie de la Pigeonnelleを訪れました。
ワインでいうDomaineがビールではBrasserieになるんでしょうか・・・。
d0008832_19433524.jpgトゥールから車で1時間半ぐらい走り到着。菜の花畑がまわりに広がる小さな醸造場とご自宅でした。
ビール作りや、瓶詰め、エチケット貼り、発送すべて、一人でされているとのこと。
生産量も多くはありませんが、ロワール地方のレストランでは地ビールとして
飲めるとのコトです。


d0008832_19454063.jpg
友人のシェフが仕込んで持ってきた大きなお鍋。
中にはラパンがよーーく煮こんでいて、春野菜と共に頂きました。
柔らかくてとっても、美味しかったです。
おばあちゃんの田舎料理がイメージだそうです。


d0008832_19475829.jpg
敷地内見学後、4種類ものビールの試飲をし、すかさずお昼の用意が始まりました。
私以外、レストランのシェフ・ソムリエ・サービスの人たちばかりで
話すことと言えば、もちろん料理とお酒のこと!!
みんな、ほんとにGOURMANDSでした!!
ここで造られたビール以外には、もちろんワインが!!
マグナムがゴロゴロ空いてましたよ~。
[PR]



# by yamatohimehimika | 2005-05-05 19:28 | France

unity
by yamatohimehimika
プロフィールを見る
画像一覧

ファン

ブログジャンル

画像一覧