Biotiful

カテゴリ:四国( 3 )




高松から小豆島へ

旅をせずに自分を保てる人は強い。
私のそれが旅であるように、人によってそれが他の違うものなんだろうけど。

わたしは、旅が好きです。

はい。
善通寺を後にし、高松まで普通電車に揺られる事40分。
高松駅は大きな立派な駅でした。
始発駅であり、終点駅である高松駅は、
ヴェニスの大きい駅(なんて名前やっけ?)を思い出させてくれた。

駅から歩いて3分ぐらいの船着き場へ。
高速船に乗って小豆島へは45分程だそう。
d0008832_1611064.jpg

四国から見る夕焼けは今日で最後だな〜と一枚。

ついに、最終目的地の小豆島〜〜!!!!
へ上陸です!!!
[PR]



by yamatohimehimika | 2007-06-04 15:54 | 四国

高松、善通寺へ

起きたら、10時過ぎ!!!
旅って、早起きするものだとイメージだけは持っていたのに、現実は、、、、。
そそくさと用意をして道後温泉へ。
坂道を降りていって、路地を歩く事10分程度。

今日はめちゃめちゃお天気が良くて陽射しがかなり強かった。
起きてすぐの入湯には抵抗があり、
血糖値をあげるべく
道後温泉のホンマに目の真ん前の喫茶店へ入る。
やっぱりこれは食べとかないと!
『坊ちゃんセット』
d0008832_15264100.jpg
坊ちゃん団子、あんこが入ったロールケーキとコーヒー。〆て600円なり。

甘さがグゥイ〜ンと血糖値を上げてくれました。コーヒーも美味しかった〜。

朝から幸せな面持ちで入湯。
地元のオバサマ方に囲まれて、世間話に囲まれて、孫の話に囲まれて、それはそれは地元っぽさを満喫できました。

道後温泉には別れを告げ、そこからは超ダッシュの移動。

道後温泉駅から電車へドビ乗り、松山駅へ。
松山から特急電車に乗り、坂出へ。
目的地の香川県、善通寺へはそこから普通電車に乗り換えてゴトゴト。

電車を乗り間違えるハプニングはありましたが、無事善通寺へ到着。
時間はすでに夕方の16時過ぎ。

一応、ルート的には予定通りでしたが、時間的にはかなり押していました。

一人旅の魅力って、自分のペースで歩める事ってのもあるなー。
遅かろうが、早かろうが、誰にも何にも言われない、、、
と言ってしまうとボンクラみたいですが、
たまにはこんな旅もヨカです〜。と心底思いました。



善通寺はなんと、四国八十八カ所の総本山で弘法大師様が生まれたところ。
京都の東寺、高野山、と並ぶ弘法大師三大霊跡であります。
善通寺(http://www.zentsuji.com/
「善通」は空海のお父さんの名前でもあります。

何故、善通寺へ行く事になったのか??
旅の計画をしている時、たまたま地図で発見したのがこの善通寺がある善通寺市でした。
市の名前に寺がついてるのだから行ってみようと調べてみると、弘法大師様と縁のあるお寺だったのです。「これは、行かんば!」偶然見つけた事に感謝。

到着した時間が遅かったので、隅々まれ見れなかったですが、
自分の中で感じる事があり、
疑問に対しての答えが見かったり、
どうしてもお祈りしたかったことができて、
短い時間でもそこにいれて幸せでした。

聖なるものに触れた時にゾクっとする自分の小ささも知り、
自分の事をさらに知ることができました。

偶然は必然だな〜と言葉に替えられない思いを今抱いています。
[PR]



by yamatohimehimika | 2007-06-03 15:22 | 四国

松山、道後温泉。

松山観光港へ到着したのは夜の8時過ぎ。
外はまっ暗でしたが、瀬戸内海の磯のかおりのおかげか、
初めて来た土地が真っ暗でも、まるで近所の町へ来たかのようでした。

港のターミナルのバス停留所から高浜駅までバスにのり、
d0008832_1438376.jpg

そこから電車に揺られて松山市駅へ。
松山市駅からはバスで『道後温泉前』へ。

今夜の寝床は、
『ユースホステル松山』
d0008832_14421874.jpg

ユースホステルは世界中にあり、青少年、バックッパーカーだけでなく色んな人が利用できる宿泊施設です。フランスのユースホステルは何度か経験していたけれど、日本のユースは初めて。
松山はお遍路さんが多く利用されるみたいで、この日もお年を召した女性や男性、外国の方が滞在されていました。
メンバーになると1泊3000円〜4000円で宿泊できるし、その土地の情報を色々収集できたり、旅人同士のコミュニケーションができやすいのが魅力かな。

ユースに到着したのは夜9時過ぎ。
道後温泉は22時までしか入れないと聞いて、ダッシュで向かいました。
しかし、今夜は諦めて、近くの椿湯へ。
こちらの方が地元の方が多いと聞いたので行ったのですが、まぁ綺麗な銭湯といった感じ。旅の疲れを洗い流し、ユックリあたたまって、広くて人も少なくて快適でした。

その帰りに道後温泉を撮影。
閉まってから気付いたのですが、入り口の扉に
「も も も も」の文字が!!!
これは何でしょうか??
道後温泉の紋章かな〜。
d0008832_14492324.jpg


と、短時間の松山の夜は過ぎていきました。
おやすみなさい。
[PR]



by yamatohimehimika | 2007-06-02 14:26 | 四国

unity
by yamatohimehimika
プロフィールを見る
画像一覧

ファン

ブログジャンル