Biotiful

毎日、てんやわんや、でも、エエ毎日

d0008832_09465417.jpg

さいきん、
いろんな気持ちや考えが、
あたまにドサリと湧いては消え湧いては消え、します。
メモりたいと思うもの、そんな余裕や隙はまだありません。

こうやって一人で電車に乗る至福のときに、書いていこうかおもう。


長男、ややこしい。

ナニガ?
粘着質。頑固。すごいんです。
いま、色々吐き出してる時期やと思い見守るも、、、こちらが疲れる。

彼にはリズム体操というピアノの音に合わせて体を動かす運動を取り入れている保育所を選んで入所してもらった。

食事もきめ細かく、
添加物や化学調味料はもちろんのこと
幼児にはお酒を料理に使わないとか、
お米は分つき米、
朝から園庭でダッチオーブンで焼き芋とか、
おやつには皆で手作りピザだとか、
それはそれは手をかけてくれる園だ。

体を動かして水浴びし、ご飯を食べてお昼寝する、起きたら手作りのおやつか芋やじゃこなんかが待っている。
いつ病気になる隙があろうか?
いや、ないのである。
そんな園なのだ。

ただ、ひとつ、
気になってしゃーないことがある。
それは、、、

先生がめちゃめちゃ厳しい。。。

幼児にそんな厳しくする?
そんな言い方する?
親になんでそんな言い方するん?

入所して二年経とうとしてるけれど、
何かの折には腹が立ったり、
悲しくなったりする、
その言い方どうにかならんか?と常々思ってきた。
辞めさせたい、
と、何度か思ったこともある。

でも、
着実に長男の体と心が育ってきてるのを感じる。そして、
義母の言葉
「甘やかすことは誰にでもできる」と。

そう、そうなんです。
厳しく叱ったりしてくれるのは想いや根気がないと続かない。なにか目標に向かっていたり、団体生活において安全に健康に生活していく上では欠かせないルールがあるからこその厳しさなんだと母少しずつ納得している最中。

泣いている我が子を見ると、
厳しくてかわいそう。。。
と思わずにはいられない日もある。

でもキラキラと輝く瞳で
体をめいっぱい動かしたあとの
はちきれんばかりのエネルギー漲る彼を見たら、あ〜これでいいんだ。ヨカッタ。
と、思わずにはいられない。

きっと正解はどこにもなくて、
自分の中にしかないんやろうな。
何より保育所や小学校が問題でなくて、
家庭が基本なんやろうなぁ。と。

園でのストレスが癇癪となって放出され、
私に撒き散らしているかもしれない。
原因は何かは分からない。
ただ、ジョジョにマシにはなってきた。

そして何より丈夫に育っている。
首や耳が切れていくアトピー的なものも治った。
家族がインフルエンザになろうがうつらない、今年はA型と診断されたが、37.4を記録した以降、熱は下がり続け、こんなインフルエンザ患者見たことない、くらい厄介な自宅待機児童だった。


萎縮することもあるやろうけどちょっとやそっと怒鳴られたくらいでビビる奴にはなってほしくない。

そう思うとなんだか大丈夫な気がしてきた。

癇癪も受け止めようじゃないか、
厳しさを知っているからこその優しさをも知っている奴になって欲しい。

母はそんな風に思うのです。


もうすぐ生活展。
今年一年のリズム体操の集大成。
腹がたつと思ったりする保育所のこと、
有難くてたまらなくなる気持ちに
きっと包まれるんやろな〜

と思うとあたしってほんま勝手な人やわ〜
d0008832_07312893.jpg






[PR]



by yamatohimehimika | 2017-02-20 16:53

unity
by yamatohimehimika
プロフィールを見る
画像一覧

ファン

ブログジャンル